Subscribe via RSS

いつまでたっても節約生活

By tenone25

通帳の残高が底をつきそうになっているのに、お金が振り込まれるまで1週間待たなければならなかったときお金が無いなと感じました。

仕事をしていたのですが、正社員ではなく産休代替の契約社員として働いていました。
働いていたときはそれなりに給料が振り込まれるのでよかったのですが、産休明けで正社員さんが復帰されたため、仕事を辞めざるを得なくなりました。
契約社員として働く前は正社員として別の職場で働いていたため、失業手当はある程度もらえたのですが、奨学金の返済や車のローン、生命保険の支払いがあるため、支出が多く、通帳の残高は貯金が減っていく一方でした。
すぐに夫の扶養に入れればよかったのですが、働いていて給料が多かった、仕事を辞めても失業手当ももらっていたというので、夫の扶養にも入れず、健康保険や国民年金の支払いもしなければならないため、私の貯金はなくなっていきました。
夫と結婚したとき、夫の通帳は生活費(家賃・ガス・水道・光熱費)に利用したり、将来のために貯金しておこうということになり、私の通帳は食費に利用しようということになっていました。

仕事を辞め、失業手当では賄えない私の底をつきそうな通帳から食費を出すことになり、特売日に買いに行ったり、安い食材を利用したり、贅沢をしないように心がけました。
外食もよくしていたのですが、お金が無いと感じてからは外食の回数も減らし、どうしても行くならディナーではなく、ランチにする、クーポンや割引券を使うなどして、なるべく安く済ませるようにしました。

食材以外では、電気はあまりつけないようにしたり、水道の出しっぱなしに気をつける、ガスの使い過ぎを防ぐために、電子レンジを利用するなどできるだけのことはしました。
食材の購入に関していうと、もやしや豆腐、豚肉など値段の安い食材の購入量が多かったと思います。野菜はスーパーで買うよりJAなどの市場で買うようにしていました。
同じようなメニューが続くこともありましたが、カレーを作った翌日はカレーグラタンにするなど、少しずつアレンジして節約を行いました。

日々節約をしても、どうしてもお金が必要になり頭を悩ませた時期がありました。
その時、私たちは毎月苦しいと感じていた車のローンの返済をどうにかできないかと考えました。家の近くには公共交通機関がありますし、子供がいるわけでもないので
思い切ってローン返済中の車を売ることにきめました。
とは言っても、夫も私も知識がなかった為 このサイトを参考にしました。【ローン中の車売却

おかげで一時よりは生活にゆとりが出来ました。これからも節約生活はがんばります!

バイトと勉学のジレンマ

By tenone25

両親が離婚して、高校生の私と小学生の妹2人は母親についていきました。

最初は母子家庭が辛いとあまり感じませんでしたが、時間が経つにつれて「お金がない」という事が一番の悩みになっていきました。

母はパートを2つ掛け持ちしていて早朝と深夜にしか家に帰ってきません。

妹達はまだ小学生で、洗濯等の簡単な家事が出来ますが料理は火などが危ないので、私が学校終わりにすぐ家に帰り妹や母のご飯を作ってから、自分のバイトへ行っていました。

節約していたしバイト代もあまり使わず出来るだけ家へ入れていましたが、やはり子供が3人もいると学費、小学校の給食費に教科書や制服代、それに修学旅行代等、とんでもないお金が必要になるんですよね。

バイトしないとお金がないし、でもバイトしていたら勉強する時間がないので 睡眠時間もない、友達ともあまり遊べないで凄く困りました。

大学に行かないで働こうかと思いましたが、母に進められて奨学金で大学に行きました。

でもやっぱりバイトをしないと家にお金がないので、大学生になっても毎日バイトと勉強と家事に追われる毎日です。

何度逃げ出したいと思ったか解りません。 お金さえあれば、もっと学生生活を満喫できたのにと思います。

でもこればっかりは文句いった所でどうしようも出来ませんしね。私なんかより母親はもっと苦労していましたし。

今思うと、母は私たちの為に頑張って仕事し、生活の為に必死でしたからね。時には消費者金融でお金を借りて生活している事もあり借金取りが家に来たこともありましたね( ゚Д゚)

それぐらい貧乏な生活だったんですが、私たち子どもの為に必死に頑張ってくれて。

そもそもは離婚した親が悪いって思うかもしれませんが、それでもやっぱり母親には感謝ですよね。

これからは今まで苦労させたぶん、私たちが頑張ってちょっとでも楽な生活を送れるようにしたいですね。

銀行機関について

By tenone25

銀行とは、私たちのお金を預かってくれる「最後の砦」であると思っています。私の場合は、銀行の方に預けるだけでなく、生活に困った時は借りることもよくしますからね。

もし銀行が無くなったとしたら恐怖です( ゚Д゚)

昨年は銀行をテーマにした作品を多く目にする機会が増え、きっと全国的にも銀行を分かるための良い機会でありました。

「半沢直樹」は本当に面白かったですよね。なんか銀行の表と裏がよく分かる作品でしたよね。あれが事実なのかどうかは分かりませんが、なんか凄くリアルな感じがしましたね。

「倍返しだっ!!」今ではもう死語ですかねwww

銀行は、全国に様々な名前で存在しており、本店があったり支店があったりと、人が存在するだけあるように思えます。

銀行は、私の勝手な意見ですが、以前からお堅いイメージがあり、用事があって銀行に足を運んでも、緊張することが多く、落ち着かない場所です。

窓口もたくさんあり、ほとんどが女性の行員さんが担当してらっしゃいますが、お金を取り扱う部署であるからなのか、やはり表情もきりっとしていて、冗談が通じないように感じました。

それがきっと強盗などから私たちが預けているお金を守ることに繋がっているのかと思うと、致し方のない対応なのでしょうが、やはりもうすこしにこやかさを出して貰えたらなと思います。

また、十分銀行の役割を果たされていますが、今よりももっとイメージを良くするような取り組みを行うことで、銀行の役割果たしやすくなると思います。

そういう上でのレベルが上がることで、お客様もお金の件やその他のことについても相談しやすく利用者が増えていくのではないかと思います。

まぁ、私が偉そうに言わなくても、銀行の方はしっかりとそういった事を考えているんでしょうけどね。。。

今以上に便利で、利用しやすくなると嬉しいですね。そして、景気も回復して、どんどん預金出来ていけたらいいですね♪

無駄な買い物

By tenone25

今までで買い物で失敗した経験ってありますよね?誰もが一度は、アレいらなかったな~。もったいない買い物しちゃったな~。って時ありますよね。

今回は私のそういった失敗談になるんですが、とんでもなく勿体ない買い物をしてしまった事があります。

それは今から2年ほど前に友人とジュエリーフェアーに行った時の事です。友人に誘われたのと、ちょうどヒマを持て余していたのでその催し物に何気なく行ってみました。

それが間違いの元だったんですよね。あの時遊び半分で見に行くんじゃなかった…って後悔ばかりしてます。。。

店に入ると中年の男性店員が私達2人にぴったりと付いて離れないんです。凄いしつこい接客で。逃げるわけにもいかないし。 友人は買うようなそぶりを見せてあれこれ出してもらっている始末。 まあ、私からしたら友人が買う分には関係ないしと思って、「それ、いいんじゃないの~」なんて軽く答えていたんです。

ところが急に矛先が変わって友人も中年男性の売り子も俄然私に買うよう勧めてきたんです。

そもそもは80万円のネックレスを、これ素敵ね!なんて軽く口走ってしまったのが間違いの始まりでした。 いきなり店員が、勉強します、とか月賦(分割払い)で、とか言いだして。

いやいや、買わないし!ってか80万円なんて絶対に無理でしょ!店員のしつこさに恐怖すら覚えましたよ。友人は友人で、全く関係ない感じで知らんぷりだし。。。まぁ私も物の数分前まではそうでしたが・・・。

あまりにもしつこいので、80万なんて無理だと言うと、いくらなら買うのかと言ってきたんです。中途半端に値切ったらその金額で買わされてしまうと思い、絶対無理だろうと思い半値ならね~と冗談っぽく言ったんです。

さすがに半値は。。。って返ってくると思ったら、まさかのOKが…( ゚Д゚) えっ?ウソ?って思った時には既に私のまわりは店員達に囲まれている。もう逃げられません。

しかたなくカードで40万円もするダイヤのネックレスを購入してしまったんです。もう最悪です。

しかも、この前日にクレジットカードを新しく作ったばかりだったんですが、まさか、こんな無駄な物を買うために、初めて利用するとは。。。しかも40万円も(*_*)

本当にこの買い物だけは、今までで最悪な思い出です。 ジュエリーボックスには1回の出番もなくそのネックレスが眠っています。

光熱費のやりくりが大変

By tenone25

私が家計をあずかっているうえでの悩みは、光熱費についてです。

季節によって光熱費の額にはけっこう差があり、ガス代は夏は安いものの冬には他の季節の倍以上も支払わなくてはなりません。
また電気代は夏は冷房、冬は暖房でとにかく高くなります。

冷暖房の必要ない季節は安いだけに、夏冬の電気代がものすごくもったいないなと思ってしまいます。もちろん節約しようといろいろ工夫はしていますが、それでもかなりの額になってしまいます。
毎月の光熱費としてこれくらいいるなと思う以上になるので、家計をやりくりするうえでいつも夏や冬は頭を悩ませています。

どうしたらもっと節約できるだろうとか、もっと安くする方法はないかなどと考えてはいるのですが、なかなか思うようにはいきません。

本当にひどいときがあって、同じ月に湯船のお湯を溜めていたのを忘れて結構な時間お湯を出しっぱなしにしたのと、主人が出かけるときに暖房を切らずに出かけたのが3回もあり、そのときはとてつもない、目が点になるくらいの光熱費がきました・・・

さすがにそれを支払できる余裕がなかったのでお金を借りて支払ましたが・・・

それからは気を付けて気を付けてしているのでつけっぱなしとかは無くなりましたが、それでも光熱費の支払いは厳しいですね((+_+))

不安でいっぱいです。。

By tenone25

主婦になって気付いたこと、それはやっぱりお金の問題。

旦那さんは家族の為に毎日仕事を頑張ってくれているんですが、決して給料が多いといったわけではありません。

子供の事を考えると、今のうちに出来るだけ貯金しておきたいんですが、実際は貯金する余裕もありません。。。

これから先を考えると不安でいっぱいです。